妊婦でも利用できる便秘対策の薬「ラキソベロン」

「ラキソベロン」は、便秘薬の中でも比較的副作用が少なく、安全性が高いとされています。
妊婦や乳幼児など、市販の便秘薬を使用することができない方にも処方されているのがラキソベロンです。
他の便秘薬に比べて、薬を飲んだことによる腹痛や、逆に下痢に近い症状になってしまうなどの
副作用が出にくくなっています。

妊婦は通常の状態に比べて、どうしても便秘になりやすくなります。

特につわりの時期や妊娠後期などは、どんなに食生活に気をつけていても、
今までの症状が出たことがない人でも、急に便秘になってしまうことが多いのです。
だからといって、市販薬をはじめとする一般的な薬を服用することはお勧めできません。

ラキソベロンも、もちろんですが、妊娠中の薬の服用には必ず医師の指示が必要となります。
ラキソベロンは、医師から処方されることもある種類の薬ですが、
服用できる量が限られているので、すぐに効果がでない可能性もあります。

妊婦

しかし、用法・用量を守らないと腹痛や下痢、吐き気などの副作用が起きる可能性がありますので、
医師の指示に従って服用するようにしましょう。
薬は、あくまでも一時的なものにすぎません。

過度な便秘になると、体の中に溜まった老廃物が原因で体調を崩したり、
赤ちゃんに悪影響を与える可能性もあります。
なので、妊娠中は常に便秘予防を頭に入れながら、食生活を意識することが必要です。

基本ではありますが、水分や食物繊維を意識的にとる、適度な運動を行うなどが一番効果的です。
妊娠中は、激しい運動はできませんが、近所をウォーキングする、
意識的に階段を使用するなどの手軽なことで大丈夫です。
また、寝る前や起床時に、意識して深呼吸をしてみてください。

体と気持ちがリラックスすると、お腹の赤ちゃんも落ち着きます。
また、深い呼吸も便秘改善に効果がありますので、忙しい時や体調の崩れない時などでも、
手軽にできる体質改善方法のひとつになっています。