ラキソベロン

ラキソベロンの効果と注意点

ラキソベロンは便秘を解消する際に使われる薬となります。
ラキソベロンの効果が大腸を刺激して、大腸の運動を促進します。
そして飲食物から水分吸収を抑えることで、自然に近い便を排出するようにしてくれる薬です。

効果の発現は服用から7時間から12時間程度となっていて、
従来の下剤などと比べると副作用が少なく、小さいお子さんや高齢の方でも安心してお使いいただける薬となっています。

ラキソベロンは錠剤だけでなく液体やドライシロップの物もありますんで、
飲みやすくなっています。
妊娠中に服用しても大丈夫ですし、そのほかには大腸の検査や手術などの為に、
腸を綺麗にするためにも使用されています。

使用をしてはいけない方や使用する際には注意が必要な方もいます。
急性腹症の疑いのある人は、症状を悪化させる危険性がありますので、服用は避けてください。

そのほかにも服用できない方は重症な硬結便の人やけいれん性便秘の人にもラキソベロンは使用できません。
沙樹穂で妊娠している方でも服用できるといいましたが、
それでも使用する際には医師に相談のうえ使用するようにしてください。
産後の便秘の場合も使用する場合は、医師に相談するようにして下さい。

心臓病や高血圧症、腎臓病、糖尿病、直腸出血、嚥下困難、低カリウム血症などの方も、
服用する量を減らすなどしなくてはならないため、医師に相談のうえ使用するようにしてください。

またラキソベロンにも副作用がありますので、注意してください。
副作用としてあらわれる症状は腹痛や吐き気、嘔吐をおこすこともあります。

そのほかにも腹鳴や腸閉塞、腸管穿孔、虚血性大腸炎、低カリウム血症、発疹、めまい、
一過性の意識消失などの症状が現れた際には服用は止め、医師に相談するようにしてください。

また薬に頼りすぎてしまうと腸の働きが鈍くなってしまいますので、
食物繊維の多い食事や消化の良い食事などを心がけるようにして、
改善を試みるようにしてください。
薬を使用する際には服用量や服用時間を守って、正しく服用するようにしましょう。